あれ?勃たないと思ったらED治療に新宿へ

器質性・精神的・薬剤性ED

EDには器質性のもの、精神的なもの、薬剤性のものがあります。
50歳代くらいであれば器質性のものが多く動脈硬化や糖尿病、神経疾患(パーキンソン病、脊髄損傷、脳出血、アルツハイマーetc)などの影響により男性器に血流が十分に行き渡らずに起こることがあります。
30代くらいの多くが精神的なものがあり、日常の些細なストレスにより自律神経が障害されることにより男性器に十分に血流が行き渡らないことがあります。
あるいはこの二つが混合して男性器への血流を阻害していることがあります。
薬剤性では末梢神経や中枢神経、消化管、循環器に作用する薬の副作用により血流障害が引き起こされている場合があります。
ED適切な治療を施せば治る病気です。
血流が問題だから温めればいいとか、マッサージをすればいいとかバイアグラなどのサプリメントを飲めば治ると思い自己流のED治療をやると治療が遅れたり、取り返しのつかない事態になるかもしれません。
そのためには、適切な処置が必要で決して自己流で治さず当院への受診を推奨しております。

EDという病気 / 器質性・精神的・薬剤性ED / クリニックでの対応 / 現在のED治療